とある試験が2日間あり

  • 2017.08.07 Monday
  • 21:24
 とある試験を受けに福岡まで行ってきた。

 
 久しぶりに自分の不勉強さ、不甲斐なさみたいなものを、脳髄に刻み付けられた感じ。
 しんどかった。
 泊りがけで行って、あんなしんどい思いをさせられるとは。

 
 いや、最初からわかってはいたんだけども。勉強時間がまったく足りてなかったし。
 つらかった。
 アウェイ感がすごかった。
 気力をごっそりいかれました。

 
 まあ、たまにはこういう完全アウェイな感じも味わっておかないと、人間がだらけちゃうんで、こういうの必要だとは思う。

 
 それにしても、帰ったら帰ったで、今日、上司から何の試験を受けに行ってたか、しつこく聞かれるし。
 調べればわかるだろうから、勝手に調べればいいのにと思ったんだけど。
 なんかもう、確実に教えろっていう空気を出されたので。
 でも別に興味ないだろ。教えたら教えたで「そんな資格あんの?」ってな反応だったし。

 
 でもまたすぐに別の試験がある。
 今年はそっちが本命。

メンタルさんが弱体化

  • 2017.05.06 Saturday
  • 23:49

 昨年末からこっち、いろいろやってかなりの金額を普段の収入以外で稼ぎ出したんだが、近頃ちょっとメンタルにきている。

 

 明らかに、

「あ、今の状況、高ストレス状態だ。メンタルさんがやばい!」

って、感じるくらいまずい。

 

 ある程度の余裕を持って生きるには、2ラインくらいのことを平行処理していくぐらいが適当だと思うんだけど、ちょっと前は倍の4ラインくらいになってて、時々気持ちの余裕が本当にゼロになってた。

 特に3月後半から4月中旬にかけてひどかったので、その後の精神状態がなんだかもう、フワフワユラユラした感じで、コントロールしづらかった。4月末くらいには季節の変わり目で体調も崩したし。

 

 複数タスクで隙間なく緊張状態がずーっと続いていたせいか、気持ちがリラックスしている位置まで下がってくれなくて、半端な位置でアイドリングしている感じで。

 自分としても、なんだこの落ちつかなさは! ってね。

 

「ああなんか、俺の人生、今、居心地悪い!!」

 

 とかゆー実感。

 なかなかない経験をしている。

 

 

 連休までなんとか乗り切ったけど、まあ正直まだちょっと、きつい気がする。

 

 

 去年もいろいろアレな1年だったんだけど、今年はまぁ、もんのすごく濃い。まだ4ヶ月しか経ってないのに、むちゃくちゃ濃い。

 おかげでメンタルさんの弱体化が著しいので、しばらくは専守防衛に務めたいんだけど、一度ついた勢いは簡単には元に戻らないっていう予感がある。

 うまいこと、乗り切りたい。

 

 体調管理、マジ大事。

 

 

祝日無意味化雇用システム

  • 2017.03.15 Wednesday
  • 21:00
 祝日がある週の土曜日がほぼ自動的に出勤日になる、っていう会社は製造業や建設業などには結構普通にある。

 でもこれって、国が「休めよ国民」、って言ってくれてる休日を、企業が従業員から取り上げてるってことで、この場合にはいくら祝日が増えようと一定以上には従業員の休日は絶対に増えない。
 この祝日を確実に潰しに来るシステムは普通に使われている仕組みなんだけど、その意味をよく考えてみると「なんかすげえな……」って気持ちになる。

 現場の人たちはたぶん「俺らには祝日ってないからなー」って思ってるだろう。
 祝日無意味化雇用システムって呼びたい。


Evernote にお願いしたいこと 2017(つまり不満な点)

  • 2017.02.01 Wednesday
  • 20:44

 Evernoteを気に入っているので、Evernoteの有料コース「プラス」の契約をしている。
 主にパソコンでの文章作成&保管に使っている。
 パソコンのデスクトップアプリで使いにくい点がいくつかあるので、挙げておきたい。

 

1.行間が指定できない。
 フォントを変えるという回避方法があるが、それはごまかしているだけ。
 スタイルシートとかそういうこととも違う。プレーンテキストでだ。
 さほど難しい機能とも思わないのだが、まったく実装されないのが哀しい。意図的なシカトか。
 長文読みにくいぜー。

 

2.文章を閉じたときのカーソル位置(最終変更箇所など)の記憶機能がない
 覚えろよ。それくらい。
 長文に対して開いたり閉じたりして作業するとき、非常に不便。
 Evernoteの開発陣は、長文を読んだり書いたりしないのだろうか。

 

3.スタックの作り方がわかりにくい
 単純に、ユーザーインターフェイスの問題。
 これがわからないまま「Evernoteって使いにくいな」って思ってしまう人もいるかも。
 自分自身、たまーにしか作らないので、作り方を忘れていて右往左往。

 

4.Ctrl + Z の挙動が不自然なときがある
 すべての空白行が削除されたり、情報の戻り方が変だったりする。
 ペーストとアンドゥ関連の挙動はちょっと変。仕様と言えば仕様なのかもしれないが……。

 


以下、あったらいいのにって機能。問題点ではない。


1.再起動時のログイン必須設定がほしい
 OSの自動スリープみたいなのがほしくなる。セキュリティの関係上。
 ログインを保持しないモードが欲しい。

 

2.スタック、ノートブック単位でのロック機能
 これもセキュリティ関係。
 たとえデスクトップに開きっぱなしだったとしても、中身は簡単に見れないとか。
 ちょっと神経質ではあるけど、でも超重要なコア情報、あるよね?
 簡単なやつでいいからつけてくれないかなぁ。

 


 Evernoteのおかげで、一太郎の出番がない。
 一太郎のクラウド対応はすでに失敗しており、たぶん二度と再起動されないだろう。
 一つの拠点でじっくり文章を作る人にとっては、クラウドは必要ない。
 とはいえ、Dropboxとの簡単連携機能とかくらいは、つけてもいいんじゃないかなと思う。
 まぁ、「書院」と「文豪」をあわせたくらいのシェアが取れればいいんです! とかジャストシステム思ってそうだけど。

 ということで、頑張れEvernote! 簡単に身売りするじゃねーぞ!

 

安いプライド

  • 2016.03.26 Saturday
  • 18:07
 安いプライドより時間が大事なのが今なので、いろいろ一気に整理中。
 ああでもしかし、ちんけなサイトを閉鎖するにも、安いプライドが傷ついて痛い。
 さよなら、くっだらない電子の小さな箱庭達よ。


 それはさておき、無頼寿さんには無沙汰やら失礼やらを詫びとかなきゃだなあ。

 

みっしょん。

  • 2015.11.23 Monday
  • 08:56

 最近、自分が余計な口を挟まない方が物事がうまくまわるんじゃないかなと思う時が多々ある。
 それはまあ、あきらめだったり衝突の回避だったり、時間の消費(浪費かどうかでなく)だったりする。
 自分が責任者ならそこは絶対認めないな、って思うところもあえて流して、傍観するときもある。
 たとえば自分が決定権をなんらかの形で行使したとしても、別にいい結果がでるとは限らないし、それだったら人に任せても同じだと、そんなふうに思う。

 知っている人に、こういうセリフを使う人がいるという噂を聞いたことがある。

「私は○○大学を卒業していて、あなたより基本的に優秀なのだから、あなたの意見より私の意見の方が正しいに決まっている」

 うん。この人はすごい。
 これは事実ではないかもしれないけれど、実はある種の真理に触れている。

 どれほど論議を尽くしても、どれが正しいのかが結果が出るまでわからない場合というのは、実際によくある。
 そうするとどうなるか。
 成功経験が多い人の意見が取られる。
 だから上のものすごいセリフは、割と正しい。このセリフをその時に吐ける人はおそらくはそれなりに、成功者だろうから。

 とはいえ、私はITの業界にいるので、古い人の経験なんて瞬殺で役に立たなくなることを知っている。他の業界ならまだしも、仕事の仕方が根本から変わっていくのがIT業界だ。
 だから、何が正しいかはたいていの場合はよくわからない。

 それでも考えることやめるわけにはいかないし、最近は次の2つを重視して判断することにしている。
 目的と成功確率だ。

 ただこれ、面白くて、「成功することが目的ではない」ってなると、路頭に迷うことになる。
 たとえば、自分より若い人間が、とりあえず失敗するのもいいかな、って思う時がある。
 まぁちょっと怖いのが、私が「これは失敗だな」って思っている結果に、ほかの人が満足している感を出してる時だ。これは怖い。
 そもそもの判断基準がずれている。
 いろんな人がいるんだから、そのあたりは難しい。


『経済学的思考のセンス』

  • 2015.09.22 Tuesday
  • 20:01
  中身的には、同著者の『こんなに使える経済学』の方が面白かったかなと思ったんだけど、一箇所だけすごく引っかかるところがあったので、抜粋。


IT革命と賃金格差

ただし、この分析にはパソコンが賃金を高めているのではなく、優秀な人がパソコンを使う仕事を仕事をしているのである、という有力な反論もある
(中略)
しかも、その傾向は高学歴労働者に特徴的に現れる。

筆者たちの研究によれば、低学歴の労働者の場合には、パソコン利用が賃金引き下げの要因とさえなっていることが示されており、IT革命は学歴間賃金格差拡大の要因となっていることを示唆している。

 はたして「ITは人を幸せにするか?」というような命題は、さまざまに考えられているのだけれど、結局の所は、幸せな人を増やすし、不幸な人も増やす、というところが結論になるのだろうと思う。

 上記の引用をもうちょっと具体的に言い換えるなら、

「ITを利用して仕事をする人の賃金は高くなるし、ITに利用される仕事をする人の賃金は安くなる」

ということだ。
 ITをロボットという言葉に置き換えると、半世紀前くらいに話されていたことと、根本的には同じだなという印象を受ける。

 古くは産業革命の時代から、言ってしまえばもっともっと前から、人の貧富に関しての状況はあまり変わっていないということだろう。

 富者はより富み、貧者はより貧す。


 使う側か、使われる側かだ。







追記

 スマホの課金ゲーに人生を喰われている人たちは、もちろんITに使われている側にしか見えない。
 自分の自由意志で使用しているからと言って、誰かに使われていないかどうかなんて、わかりはしない。


PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

BOOKMARK

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM